« スイ-ツ三昧! | Accueil | 5g »

22/02/2005

活字中毒・・・・

しばらく禁読生活??!!送っていたのですが
本を読んでいると恨めしそうに見てる娘の受験も終わり
立て続けに本を読んでいます。

梁石日の『血と骨』
桐野夏生の『I'm sorry,mama』
東野圭吾の『さまよう刃』

『血と骨』は2年位前に妹から回ってきた本で数ページ読んだものの
ナカナカ進まず放っといてあったのですが、
映画化も話題になり改めて手にしました。
映画は見ずじまいでしたが、
時代。親子。民族。貧困。
自分ではどうにもならないモノに
翻弄されていく人々の話。
血は母より受け継ぎ 骨は父から受け継ぐ 
韓国ではそのように言われていると・・・・

大切に育てられた周りの友達と違い
私の父はかなり厳しく、手を上げることもあり
(要領も悪く 反抗的な娘でした)
親のありがたみを感じるようになったのは
離れて過ごすようになってからだったでしょうか。。。
親子と生まれて 理解しあえないことは
辛いけれどそんなケースもあるのだということが
スッと入ってくるような・・・

続けて読んだ『I'm sorry,mama』
こちらの時代背景は現代。
主人公は私と同年代の女性。
一昔前 二昔前 と比べても
価値観も多様化し 情報も物質も豊富だけれど
満ち足りないモノを抱えて。。。
OUTやグロテスクと比べると
こんなのアリ?なんて気もしますが
女の人の心の内側書くの上手いなぁ。。。
自分がこんな風になったらどうしよう・・・・
なんて不安になるような本でした。
自分の中の意地悪な部分にも目をそむけないんでしょうね。

昨夜読み終えた
『さまよう刃』
小説のようなことが日常なのか
日常起きてることが小説になるのか・・・
行きずりに殺された少女の父が
復讐をする話でした。。。
去年読んだ『手紙』は加害者の弟が主人公で
こちらは涙ボロボロこぼしながら読みました。
『手紙』よりはサラッと読んでしまいましたが
どんな立場でも 真面目に生きている者には
ひとたび犯罪が起きると 
当事者でなくても深い傷を一生背負っていくのだなぁ。。。
と、他人事のように感じていますが
3冊読んだどの話も 決して遠い世界の話ではないのだと
読み終えて脱力・・・・です。

お正月(最近はあまりTV見なくなってしまっていたのですが)
チャンネルを回していたら大好きなトータスが!
『ナニワ金融道6』をやっていました。
初めて見るドラマだったのですが、
見はじめたら面白く原作を読みたいと思い
近所にレンタルコミックスがあるので
借りてきて一気に読みました。
絵はベタな感じでしたが、人が転落していく様子。
とてもリアルです。。。
不惑を過ぎても 世の中の仕組みがよく判っていないんだなぁ・・・
と反省。
機会があったら 読んでみることお薦めします。


|

« スイ-ツ三昧! | Accueil | 5g »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82710/2968897

Voici les sites qui parlent de 活字中毒・・・・:

« スイ-ツ三昧! | Accueil | 5g »