« 偶然 | Accueil | 途中下車 »

30/03/2005

コンフィチュール

2005_0330jam0013
  ♪一晩 砂糖に漬けました。

2005_0330jam0001
  ♪ 出来上がり

小さい頃苺のジャムが嫌いでした。
というより 果物を加工したものが食べられませんでした。

給食に出てくるジャム。
粒々がいっぱい残って甘いけどベタベタして
小さな袋が配られる給食の日は何もつけずにパンを食べたものでした。
母が年に1度くらい作っていた苺のジャムは
色も褪せて 甘くて・・・ジャムを煮ている時の香りもどうも好きになれず
母も食べなさい!と強要しなかったように思います。
果物に熱を通したものは一生食べることはないだろう。。。。
と大人になりました。

お菓子を習いに先生の所に通うようになって
トロトロした色もきれいなジャムに出会うようになりました。
お菓子に付け合せたり お菓子の中に入っていたり
以前なら受け付けないと決めつけていたけれど
一口食べて、素直に美味しい!と。

先生が作ったものだったり ジャム作りのプロが作ったものだったり
大人になって味覚が変わったというよりも
美味しいものを知って 考えが変わったのでしょうね。

私はイチゴの時期にしか作らないけれど
ジャムになる手前のイチゴの形も残った
トロトロのソースのようなジャムを作ります。
砂糖につけて一晩。
イチゴから水分もたっぷり出たところで 強めの火に掛け
レモンも絞ってルビー色のジャムに仕上げます。
ヨーグルトに和えたり プレーンなお菓子に生クリームと添えたり。

昨日スーパーへ行ったら安くて小さい粒のイチゴを見つけました。
週末引っ越す娘の大家さんとなる
母のところにも持っていくことにしましょう。
自分が作るようになって大きな疑問だったこと。
母も逆に疑問のようでした。
『弱火でグツグツ長時間。。。。レモン入れたんだったかしら・・・』 

え゛っ  しばし沈黙・・・・・・

|

« 偶然 | Accueil | 途中下車 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82710/3494723

Voici les sites qui parlent de コンフィチュール:

« 偶然 | Accueil | 途中下車 »