« 朝の楽しみ。 | Accueil | 左手のピアニスト »

07/05/2005

心置きなく

連休というと実家に行っていたのですが
今年は娘が実家から帰ってくるという状況。
腹をくくり 在宅で過ごしました。

図書館で本を10冊。 
ツタヤで気になっていたビデオも借りてきました。

最初に読み始めたのが雫井脩介の「犯人に告ぐ」
かつて幼児誘拐犯を逮捕できなかった刑事が
数年後同じような犯罪が起きた時
メディアを使って逮捕に向けて捜査していく。。。

警察の組織というのは素人には良く判りませんが
ラストまで(こんなのアリ?なんて)無理がなく
登場人物の気持ちが手に取るよう。
ハラハラドキドキしながらも
あっという間に読んでしまいました。
この方の書いたのは「虚貌」「火の粉」しか読んでないけど
(こちらも面白かった)
この本が一番のお薦めです。

主人公の巻島刑事。苦い経験が深みを与えて・・・
松田優作さん!
なんて思い浮かべながら読んでしまったのですが。。。。


|

« 朝の楽しみ。 | Accueil | 左手のピアニスト »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82710/4014139

Voici les sites qui parlent de 心置きなく:

« 朝の楽しみ。 | Accueil | 左手のピアニスト »