« 上京物語~寄り道篇 2 | Accueil | そうだったんだぁ!現代史 »

15/06/2005

垂涎

2005_06110004


2005_06110014


2005_06110017


今月のお教室。

パリのマカロン。レモンのタルト。 ガトー・マイス。

マカロンは地方によって いろいろな種類があり
今回で5つ目。私達に一番馴染み深いパリのマカロン。
教室に通うまで 
こんなにもたくさんのマカロンがあるなんて知らなかったけれど
アーモンドと卵白 砂糖。 なんてシンプルな材料なのに
味わい深くて やみつきになります。
二つ合わせたマカロンの間にはキャラメルクリーム。
ネチッとした食感。好き!

以前基礎コースで習ったレモンのタルトは
トロンとしたレモンクリームが載って
甘酸っぱさに!!と目が醒める美味しさでした。
今回のタルトは メレンゲを合わせて焼くのでスフレ風。
酸味と甘味 以前はなんとなく敬遠していたのだけれど
サッパリしているだけじゃなくて コクもあり
教室に通うようになって 『食わず嫌い』返上!です。

ガトー・マイスはとうもろこしの粉が入った
ホロホロっとした どことなく懐かしいお菓子。
干しイチジクを刻んで生地に加え
ジャムとクレームドゥーブルを添えて。
きっと 長い間語り継がれてきたんだろうなぁ・・・
という お菓子ですね。

『垂涎』
この夏のエルメさんのコレクションのテーマなのだとか。
先生の所でパンフを見せてもらっていたら
表紙に この言葉が判子のように押されているのが
目に飛び込んできて・・・
美味しいものをたくさん食べられて
『垂涎の的』になりそうな一日でした。

土曜日も一番乗りで 教室に着き
『道に迷って・・・・』と言ったら
先生もアシスタントのMariさんも????
実は帰りも ちょっとだけ違う道に出てしまったのでした・・・ 


|

« 上京物語~寄り道篇 2 | Accueil | そうだったんだぁ!現代史 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82710/4549569

Voici les sites qui parlent de 垂涎:

» マカロン [世界の食文化]
マカロンマカロン(仏:macoron、独:Makrone 英:macarron )は西洋の菓子の一種。マクローネ、マカルーン 、マコロンとも呼ばれる。カトリーヌ・ド・メディシスがアンリ2世 (フランス王)|アンリ2世のもとへ嫁入る際にイタリアから持っていった菓子。砂糖|粉砂糖とアーモンド、ココナッツ...... [Lire la suite]

Notifié le le 09/07/2005 à 21:19

» オーム乳業 クレームドゥーブル 500g 1,128円(税込) [Luccaの青空市場]
[Lire la suite]

Notifié le le 13/10/2005 à 19:52

« 上京物語~寄り道篇 2 | Accueil | そうだったんだぁ!現代史 »