« juin 2005 | Accueil | août 2005 »

juillet 2005

31/07/2005

まねっこ

≪ラッキーがたくさん起きる9か条≫

  *親切にする

  *周りの人に穏やかな気持ちで接する

  *礼儀正しくする

  *小さなことにイライラしない

  *目の前のことを一生懸命やる

  *不安や憂鬱な気持ちを持たない

  *いつも心がウキウキワクワクするように過ごす

  *笑顔で過ごす

  *身のまわりをきれいにする

四半世紀以上のお付き合いの(と振り返るとスゴイ年月)
ゴンちゃん日記で紹介されてた言葉。
おー!と思いコピーして冷蔵庫に張っていたのだけれど
大掃除している時にどっかへいってしまいました。

目の前のことを一生懸命やる。
身のまわりをきれいにする。

簡単なようだけど やっぱり大事なこと。
さぁ 暑いけど片付けよう!


| | Commentaires (3) | TrackBack (1)

29/07/2005

大好き フィナンシェ。

2005_07260029


カスタードクリームやプリン。チーズケーキなんてお菓子を作ると
余ってしまうのが卵白。
冷凍庫の中は大量の卵白が眠っています。

以前はシフォンケーキを焼いて
(子供のバザーの時は一晩中シフォンケーキを焼いてたこともあった)
いたのですが、先生の所でお菓子を習うようになって
『フィナンシェ。なんて美味しいお菓子なんだろう』
と。。。。派手さのないお菓子に開眼。

アーモンドプードル バター 砂糖 卵白
なんて簡単に手に入る材料なのに(だからこそなのか)
食べ比べると お店によって違うんだなぁ。
と つくづく思います。

賞味期限の近づいてきた
スペイン産とシシリー産のアーモンドプードルを自分なりに配合して
(スーパーで売ってるものとは香りが違います)
ここの所はフィナンシェばかり。
焼いてはみんなに配りまくって。

焼き時間や バターの焦がし具合で
出来上がりが違ってしまう所はご愛嬌。。。。
(って自分に甘い!)

卵白の在庫が少なくなってきました。
奥の手は・・・・・
炊きたてご飯に黄身とお醤油をたらして・・・・
本末転倒??


| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

25/07/2005

綿ですか?絹ですか?

どちらがお好きですか?
って色っぽい話ではなくて。。。

お豆腐です。
夏の食卓には頻繁に登場する冷奴。

娘は『アレが美味しい。これはマズイ』なんて
作り甲斐があったのですが
下の子供は 年のせいか黙々と。
『美味しいものが食べたければ美味しいとか好き!とかキライ!を言うんだよ』
と言い続けた成果が
『もっと固い豆腐が食べたい』

そういえば いつも絹豆腐だったかも。。。。

実家の辺りはお豆腐やさんが
100メートル位の間に2件。
昔ながらのお豆腐やさんと オシャレなお豆腐やさん(ザル豆腐が好き)
小さい頃にはボウルを持ってお豆腐買いに行くのが役目でした。

今は生協で頼むパック入り。
(これも美味しいけど お使い頼む時代じゃないのかも。。。)

母が『絹ごし』なんて言っても
『絶対綿!』と 食の好みは変わらない
と思っていたのですが
ツルンとした絹ごし派にいつの頃からか
変わっていました。

餡の好みも昔は誰がなんと言っても
『粒』だったのに『こしあん』に。
(こしあんのどら焼きは食べたくないけど)

数年前 料理王国の企画で
天野祐吉さんと横尾忠則さんが対決していました。
たくさんの人が餡について語っていた
楽しい特集。ありました。ありました。

http://www.yamadaya-manju.co.jp/hyouban/koshiantsubuan.html

お豆腐の好みと 餡の好み。
相関関係があるのでしょうか・・・?
皆様はどちらがお好きですか?


| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

23/07/2005

甘い香り




2005_07220026


お向かいのお宅のイチジク。

まだ小さいけれど 木の下を通ると
独特の甘い香り。
あと1週間もするともっと大きくなって 
赤く色づいてきたら食べ頃なんだろうなぁ・・・・

イチジク
そんなに好きなものではなかったけれど
イデミ・スギノのイチジクのタルト。
ロオジエのイチジクのタルト。
見た目も 作りも全く違うけれど
この二つを食べて 
食わず嫌いは払拭されたのでした。

暑くなってくると
家ではちっとも作りたくなくなって・・・・
お店に行って ゆるりと極上スイーツ食べた~い!

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

22/07/2005

寝不足・・・・

先日のガレット・デ・ロワ講習会で撮った写真。

先生に添付ファイルで送ったけれど
開けなかったとのこと。
『じゃあCDに書き込んでみます』
と半年振りくらいに やってみたら・・・できない!

あれぇ??とCDのせいにしたり PCのせいにしたり
取説をちゃんと読まず 『ま なんとかなるか・・・』
なんて何枚もCD開けたけど
『書き込みに失敗しました』
と 非情なメッセージが・・・・

最近バックアップもロクにやっていなかったので
どうするんだっけ??と 解説画面を開きながら
今度こそは!とCD入れたけどやっぱり書き込みができず
真夜中(私にとっては)サポートセンターに掛けてみました。

1時間近く経ってようやく繋がったのは午前1時・・・
すごいなぁ!こんな時間に懇切丁寧に教えてくれるなんて!

どうやら この間テキトーにやってみた時に
何か余計なコトをしてしまったのか
肝心なコトをしなかったのか。。。。。

なんとか 復旧しました。ほ~っ!
ヨカッタ!ヨカッタ!
お兄さん、ありがとう!

行き当たりバッタリの性格には
使いこなせない『お道具』ながら必需品。
一生モン!と思っているけれど。。。。
(1代目の98はナントカなる ナントカなるで
しょっちゅうフリーズさせトウトウ ダメにしました)

ずっと モニター見ていて肩はバリバリ。
目はショボショボ。
今日は美容!のためにも早く寝よう!

 

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

20/07/2005

胡桃づくし

懐かしいみんなと会った後は
ダッシュで教室へ!間に合いました。ホッ!

今回のお菓子はデュサス・ド・サルラ(南西部)
          パン・デ・モール(コルシカ)
          ケルシー・ノワ(南西部)

どれも初めて聞く名前のお菓子です。

デュサス・ド・サルラはシャルロットのように
ビスキュイを絞って焼いた中にカスタード 刻みくるみ バターの
ちょっと濃厚なクリーム。ゼラチンを入れなくても
冷やすと固まって。口解けがよくていくらでも食べられそう。
2005_07160022


ケルシー・ノワ
こちらも胡桃がいっぱい!
パウンド型にしっとりと。
パン粉もちょっと入って。。。
残ったパンも無駄なく使う昔の人の知恵の名残なのでしょうか
持ち帰った子は
今日はワインと一緒に食べよう♪
と。合いそうです。
2005_07160023


パン・デ・モール
コルシカ地方でお墓参りのときに食べるお菓子(パン)
なのだそう。
お盆やお彼岸みたいな習慣なのかな・・・・・
1次発酵させない素朴なパンだといってたけれど
バター・レーズン・胡桃が入って
とてもリッチ。
一つ手間を省いても 全然分からない。
自分でやってみたらどうなるんだろ・・・・
ちょっと興味深いところです。
2005_07160021

ようやく夏!だぁってトコですが
業界は もうクリスマスのケーキなのだとか。。。。。
門外不出?!の話があったり
いつも使っていない顔の筋肉が動くほど
笑って笑って 教室を出たのでした。

祢保希の土佐料理+モルツ。の後は
お菓子を3種。。。。。夜は食べるのこらえました。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

19/07/2005

懐かしい!

連休初日。
かつての上司の『ハッピー・リタイアを祝う食事会』
があり声を掛けて頂いて いそいそ上京して参りました。

来年はもう社会に出て四半世紀。
〈入社25年の同期会やるって言ってたもんなぁ〉
と、思うと感慨もひとしお・・・・

当時は新人の研修で『ソロバン』が最後の科目。
これができないと 毎日『お残り!』
それがイヤで必死に練習したおかげだったのか
これっぽっちも想像してなかった経理課へ配属。

『女の園』のイメージ通り女の人の多い職場だったのですが
イメージと違っていたのは
みな歳が近いこともあって和気あいあいとした職場だったこと。
忙しい職場だったにもかかわらず 
会社の気質『やってみなはれ!』そのままの楽しい毎日でした。 

毎月やってくる〆。 会計士の先生。
国税庁の税務調査。
山のような伝票にソロバンを入れたり
一枚の領収書を探すのに倉庫にこもったり
いつまでも仕事が覚えられず窓際社員のまま
1年ちょっとで退職してしまったのですが
ナカナカできない経験をさせてもらっていました。


退職した上司の当時の言葉は
『俺達はニューサーティーや(大阪弁)』
その頃30代は遠い先 なんて思って聞いていたけれど
すっかりその年齢を追い越して。。。。

2次会も行きたかったのだけれど
お菓子の教室も始まってしまう!
体が二つ欲しい!と後ろ髪を引かれながら
次に会う日を楽しみに。。

一昨年 突如一念発起して簿記2級を
独学で取ったのですが
問題解き始めて思ったのは意外にも『嫌いじゃないかも!』
勉強グセが付いた所で買ってきた『社労士』はダメだぁ!と断念。
会社の適性検査は 20年以上経って証明???されたのでした


| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

17/07/2005

センセイの鞄

一気に(もったいないような気もしながら)
読んでしまいました。

今までにない気持ち。(って恋愛じゃないんだから)
本当に独特の世界。
同じ世代のはずなのに 現代の話なのに
いつの時代の話なんだろうと一瞬錯覚してしまうような
きっと川上さんの周りは違う時間が流れているのかも・・・・


共通の言葉を使っているのに
(だから本も読めているんだけど)
使う人によって こんなにも日本語変わるものなんだなぁ・・・・
と 引き寄せられました。

月子さん。センセイ。
所々くすり、と笑ってしまいながらも
せつないセリフが折々に。(名言!)

薦めてくださった ちゃかさんに感謝です。

窓を開けても風が、そよともしない午後
もう一冊借りてきた『蛇を踏む』を。
こちらは『砂の女』のよう。。。。
読みながらウトウトしたら
本の中のお話だったのか
小さい頃見たようなコワイ夢を見てはっと目が覚めました。

『ニシノユキヒコの恋と冒険』
こちらは図書館にも
昨日行った実家近くのBOOK・OFFにも置いてなくて
頂いた図書券もあるので
明日のお休み 本屋さん行ってみよう!

  

| | Commentaires (1) | TrackBack (0)

16/07/2005

予行演習?!

携帯からもブログが作れるのは
知っていたけれど

PCの方が使い慣れて・・・・
今この文章も PCで入れてます。
PC→携帯→ブログ(普通こんなことしないよねぇ)

暑くなってくるとPC開くのも億劫になるかな・・・・
とやってみましたが
説明通りできるでしょうか。。。。。?
携帯派ですか? PC派ですか?

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

15/07/2005

本の山

図書館で本を山ほど。
読んでみたいと思った本を片っ端から借りてきました。

川上弘美さん  池澤夏樹さん 金城一紀さん
〈三人とも初めて手にしました〉
重松清さんの短編集。

もう一冊は 岩井志麻子さんの
『嫌な女を語る素敵な言葉』
ゾクゾクするような題名です。
本屋さんでチラッと立ち読みしていたのですが
続き読んでみたい・・・・と探してみたらありました。
『ぼっけぇ、きょうてい』『恋愛詐欺師』私にとっては3冊目。

ホラーのジャンルになるのかな。。。。
日常ありえる生活の中での人間関係。
小さい頃 お化けの特集をTVでやっているのを
目を手で覆いながらコワイモノ見たさで見ていると
『一番怖いのは死んだ人じゃない。生きてる人間だ。』
そう言っていた 満州からの引き揚げ孤児だった父の言葉を思い出します。
人は時に怖いものでもあるけれど
暖かい存在でもあるはず。。。。

ラジオでしゃべっているのを聞いた時
男の人のような潔さを感じたけれど
未だ若いはず。
どんな女の人なんだろう。。。。

夕べ読み終わったので今日からは
『センセイの鞄』だぁ!


2005_07140026

<葉っぱがしっかり開きました>

| | Commentaires (1) | TrackBack (0)

14/07/2005

カリカリのお菓子

2005_07140028


2005_07140029


ちょっと お煎餅みたいな色と形。
フランスの南西部で食べられる<croquant> クロッカン。

カリカリっとしたと言う意味の
『クロッカン』
結婚式で食べられるクロカン・ブッシュ クロック・ムッシュのクロックも
同じ意味だそう。
長いこと『紳士が朝時計を気にしながら食べるクロック・ムッシュ』
だと思い込んでいたのですが・・・・・

アーモンドとヘーゼルナッツを加え
香ばしい後引きのお菓子。
歯ざわりもよくて
かりんとうみたいな素朴なお菓子です。

味見をしていたら。。。。。。ズキツ。。。。
久しく忘れていた・・・・歯の痛み。
・・・・・・行きたくない・・・・けど・・・・

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

13/07/2005

色白になりたい!

30歳を過ぎた頃から日焼けがキョーフとなりました。

運動会や海!なんて前もってわかる行事だけでなく
ついつい油断をしてしまう日常生活。
洗濯を干すとか スーパーに買い物に行く
そんな小さな繰り返しが 
気付くと取り返しのつかないことに・・・・

食いしん坊の友人がいるのですが
彼女は美容の達人?!で色白美人。
どうしたらそんなに白さをキープできるのか・・・
しっかり日焼け止めを塗り 外出時は手袋をする。
一年中 ハイチオールCを忘れない・・・etcと研究熱心!
時折、伝授してもらいます。

『雨降ってないよ!』と笑われようが日傘をさして
冬は手袋 夏も手袋。。。。
元々紫外線を吸収しやすい色黒肌なので
無駄なアガキと知りつつも 
シミやシワが少しでも増えないよう
今日みたいな うす曇りの日でも
対策を忘れてはいけませんね。

『日々の積み重ねが一番大切』
イチロー選手の言葉は美白道?にも通じるでしょうか。

残り少なくなったハイチオールC
買ってこないと。。。。

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

11/07/2005

Vの炎

私たちの年代だと
男の子は野球。女の子はバレーボール。。。。

今回の女子ワールドリーグ 
ナカナカゆっくりとTV観戦できないのですが
一時期より粘り強くなって
見ているこちらまで一歩踏み出しそうになり
ハラハラドキドキ!

私が小学生の頃には渋谷のど真ん中にも
まだ原っぱがあって(今のマークシティーの辺り)
放課後は集まって 『立木武蔵』よろしく自分達のチームを作り
勝手に練習していたのでした。
(体育会の根性はこの頃すでに培われていたのかも・・・)

時は流れて・・・・・
娘が中学生の頃 V6森田君のファンとなり
TSUTAYAで探してきたというビデオ『Vの炎』
ジャニーズの男の子に心惹かれることなく育った私は
ちょっと冷たい視線を送っていたのですが
『どうしても観たい!』と言う娘に付き合っていたら・・・・

『朝丘こずえ』『鮎原ユミ』
岡田可愛サンは出てくるし
『サインはV』『アタックNO.1』を全く知らない娘も大爆笑でしたが
往年のバレーボール少女には心奪われるビデオでした。

確か上下2巻だったのですが 涙コボレルほど笑いながら
あっという間に.....
デビュー早々のV6。
娘がファンになった頃には
みんな既に20代となっていたのでしょうか。。。
Vの炎の頃は まだ少年。。。
オバサンの私達もクラッとするような
大人になった岡田くん。。。かなりカワイイ。
ちょっと面白いモノを観たい時には是非!

こんな作品誰が作ったんだろう・・・・
と最後まで見ていたら
企画 秋元康さん。。。。やっぱりスゴイ!

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

07/07/2005

★ザッツ・エンターテイメント★

先月から楽しみにしていた講習会。昨日でした。

クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワの
http://www.galette.info/index2.html
第一回 ガレット・デ・ロワとフランス伝統菓子講習会
2005_07060026


お正月にフランス大使館であった献上式は
子供の受験間近で参加することできずだったのですが
今回は雨が降ろうが槍が降ろうが行くぞぉ~!

講師は      『パティシェ・シマ』の島田シェフ
          『フジウ』の藤生シェフ
          『ビゴ』の藤森シェフ
          『ノリエット』の永井シェフ
関西から見えた 『グルニエ・ドール』の西原シェフ
          『ガトー・ド・ボア』の林シェフ
そして私の師匠! 大森先生。
2005_07060030
      ☆オールスター・ドリームチーム☆

お一人ずつでも オーラがガンガン放たれているのに
こんなにスゴイ方々が一堂に会して。
島田さんがパートの仕込みをしている隣で
藤生さんがガトー・バスクの生地を絞り
藤森さんがブリオッシュ生地のガレット・デ・ロワの説明をし
合間を縫って大森先生がフェーブの解説をする。
    

アッチにもコッチにも目が欲しい!と思ったのでした。

シェフのお話は丁々発止!
それぞれ お互いに興味津々で作業を覗き込んでいたり
素早い手の動きの中にも
10分に1度笑いが起きて
どのパティスリーも仕事は厳しいのだろうけれど
楽しい仕事場なんだろうなぁ・・・・と想像して。

2005_07060024
〈ガレット・デ・ロワ〉

2005_07060023
〈ガトー・バスク〉

2005_07060022
〈南仏のガレット・デ・ロワ〉

華やかなお菓子に目が奪われたり
ラクな方へと流れがちになるけれど
伝統のある 飽きのこないモノを大切に伝えていきたい
(もっと素晴らしい言葉だったのですが・・・ちゃんと書き留めておけばよかった)
と 藤森さんのご挨拶。

それぞれにお店のお菓子は違うけれど
フランスのお菓子と文化を広めていきたい!
という熱い思いが伝わってきて。。。
食べる一方で 作ることはいつまで経ってもアマチュアだけれど
シェフの方々の言葉を胸に刻んで。。。。

夢のような楽しい一日♪来年も行けるといいなぁ。

試食もた~っぷり!美味しくて完食!
こりゃマズイ!と下北沢で降り実家まで30分歩こう!
途中姪っ子を保育園でピックアップして
久しぶりに娘と会い帰途に着いたのでした。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

05/07/2005

愛いやつ!

2005_07040018


パチパチ切ったバラ。

花だけじゃサビしいので枝の部分も
一緒に挿していたのですが
みんな茶色くなっていく中
一つだけ 新しい葉っぱが出てきました。

小さいビンに入れ替えて
浄水器の水を遣っていたら・・・
ホンのちょっぴり 根っこ??らしきものも。。。

挿し木のやり方は調べてみると
全然違うみたいだけど
水栽培??久しぶりに楽しみましょう!

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

04/07/2005

♪スーダララ~ ♪グータララ~

雨は降ったり止んだり。
傘に当たる雨の音がやさしくていいな
なんて思うけど 被害がないから言える言葉ですね・・・


2005_07040004


2005_07040005


2005_07040010
   <サトウキビからできた砂糖  カソナード>

マドレーヌの試作をしました。
三温糖を切らしていたので カソナードを。
蜂蜜も入るし色が着きやすいみたい。。。
オーブンの温度が高めなので もうちょっと下げないと・・・

写真のおろし金。チーズ用のものだけれど
レモンの皮を下ろすには 今まで使ったものの中で1番☆☆☆
春にパウンド焼く時 引き出しの中かき回して
アレコレ試したけど
『これでどうだ~!』と やってみたら大正解!

『チューボーですよ!』で稲村省三さんのお店が紹介されていた時
新人さんが やはりこのおろし金で
レモンの皮をすりおろしていたのを見て
『同じ!おんなじ!』と一人嬉しくなったのでした。

大量に残ったレモンは
お店でサービスしてくれるレモンジュースになるのね。
と納得!(生き返ったみたいな気分になれる一杯)

私はレモンのソルベを作ろうかな。。
それともレモンのゼリーにしようかな・・・・


| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

02/07/2005

しつこい・・・・・

田辺聖子さんのエッセイ読んでいたら
『クドい』と『口説く』同じ語源だけれど
『クドい』は女の人の 
『口説き』は男の人の特有のものだと
そうだよなぁ~!と。。。

で、、、今日もまた『金曜かきこみTV』
♪タ~カミ~ ギ~タ~♪
と歌う みうらじゅんさんのフレーズが耳から離れなくなった私です。

出演者全員が 小中学生から送られたメールを元に
それぞれがコメントする座談会のようなコーナーがあるのですが
来週のゲストは 重松清さん!!
予約録画をしておこうっと!

『はねるのトびら』はDVDになったけれど
この番組もならないかなぁ・・・・ 
今までこの番組を見てなかったことが
悔やまれてなりません。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

01/07/2005

年下の男の子

期末テストも終わり開放感に満ち溢れ
後は野となれ!山となれ!
・・・で昨日は美容院に行ってきました。

私の髪は 美容師さん泣かせの
多い!硬い!太い!クセがある!(本人が一番泣きたい!)
なのですが4年位前から今のお店に通うようになって
悩みはかなり解消されるようになったよう。

スタッフは若くて私の担当は25歳の男の子。
昔は美容院に行って
美容師さんとしゃべるのはちょっと苦手・・・
なんて思っていたのですが
この位 年齢が離れてしまうと
かみ合わない会話もまた面白いかな!と。。。

彼の今の所のストレス解消は買い物のようで
私の知らないブランドの話や 音楽の話。
『Tシャツ1枚と穴の開いたジーンズに
¥80,000使ってしまってバクハツ!です。
カードの支払い青くなります!』
『ユニクロでそれだけあったら 何十枚と買えちゃうよねぇ!』
なんて・・・・

何かの話の拍子から
道具は支給されるものでなく
全て自前!なんて会話になりました。(俄然興味津々)
『鋏屋さんが来て一目で気に入り買っちゃいました。
ナントカ(忘れてしまった)という
スペースシャトルのエンジンの部品と同じ金属??!!』なのだとか
『高かったんですよぅ!』

子供が小さかった頃洋裁に目覚めた私は
スパスパ切れる裁ちばさみが欲しくて 
\6,000位するのを買ったんだっけ。。
若い頃には聞けなかったでしょうけれど 
『ちなみに お幾らくらいするの?』と聞いてしまいました。。。
思いもよらず・・・13万円。。。
『ローン組むのも嫌なので定期解約しました』
『よく切れるんですよ。』
時折自分の手も誤って切ることあるのだとか。
『ようやく手に馴染んできて大切な道具ですよねぇ』

そんな話を聞いた後 鋏を入れてもらったのだけど
真摯な一面を見たようで 
いつもと違う音のように聞こえたのでした。

『20世紀少年』読んだし テストは終わったし
トリートメントはしてもらったし 幸せな一日!





| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« juin 2005 | Accueil | août 2005 »