« décembre 2005 | Accueil | février 2006 »

janvier 2006

31/01/2006

今年の目標

3年前に 受験した仏検。
ABCも 数字の読み方も数え方も分からないまま
始まって どうなることかと思いましたが
4級を独学で取りました。

講師はラジオ講座。
音声を聞いて勉強する・・・・
英語ではそんな勉強したことがなかったけれど
自己流で聞き取りを行う。
短いセンテンスでも聞きとり 書き取りはハードでしたが
力がつく???気がしました。

アルザス いつ行けるかわからないし
文法は難しくなるし 
ただラジオ聴いていればいいかぁ・・・・
と思っていたのですが
PC再開して いろんなブログ覗いてみると
・・・・・ちゃんとみんな勉強している・・・・

目標ないと やる気そがれるしなぁ・・・・
で 新しい年になって ひと月過ぎましたが
今年は3級目標!と

なぁんて こんな風に書いてしまって。。。
三日坊主にならないように
今日からBon Courage!

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

29/01/2006

寒仕込み

『かんじこみ』と入力したら
『幹事込み・・・・』って合コンではないのに・・・

で 本日は休みの日だけれど 朝早くに起きて
10年恒例の お味噌作り。
昨夜のうちに大豆を洗って水を張ったお鍋に漬け

米麹と塩をすり合わせ 
柔らかく茹で上がった大豆を潰し
塩きり麹と混ぜ合わせ(手でしっかり)
熟成させる・・・・

梅干や梅酒といったものも面白くて一時期作っていたのですが
・・・・・一年経っても食べきれず・・・・(自己満足だけだったかも)
お味噌作りだけが続いています。

豆の水分量やその年の気候 熟成の度合いで
味が変化していき面白いものです。

今は圧力鍋やフードプロセッサーがあって
ちゃっちゃと できてしまうけれど
ホンのちょっと昔は きっと大仕事だったんだろうなぁ・・・

北海道の大豆 沖縄の塩 生協で買った麹
なんて材料も贅沢に『趣味の味噌作り』
作ったばかりのプレ・味噌は大豆と米と塩の味がするだけ。
これから時を重ねて秋には美味しいお味噌ができるでしょうか・・・?

毎日口にするものを こうやって作るんだぁと実感できるのは
きっと幸せなこと。


娘は自分では滅多に作らないけれど
『今日は生協のお味噌?
これはお母さんの? スーパーで買ってきたでしょ?』
『出汁は煮干?』『今日は鰹節?』
とお味噌汁には やたらウルサイ!
将来はミソムリエ?になるんだとか・・・・

<お味噌とは全然関係ないけれど。。。本日の作品>
2006_01200007

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

28/01/2006

風味絶佳

ずっと行ってみたいと思っていた
サロン・ド・ショコラ行ってきました。

会場に入ると チョコレートの香り。
お目当ては・・・・『ル・ルーさんのキャラメル』
ブルターニュの有塩バター。
塩味がほのかにする 優しい味。

山田詠美さんの短編集
風味絶佳は『森永ミルクキャラメル』
作品の中に一つ入っていたけれど
キャラメルは どこか懐かしくてホッとするお菓子。


引退されるのも近いという
ル・ルーさんもブースにいらして
笑顔の素敵なおじいちゃま。
自分の好きなことを ずっとやってきた人って
自然といい顔になるんだろうな・・・

『4月が賞味期限です。』
とお姉さんが言ってたけれど
『すぐ無くなってしまうと思います・・・』
と 大事に抱えて帰ってきたのでした。

2006_01200006


| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

若い子達

月曜日
ゴンちゃんママリクエスト?のお菓子を渡すため
LAに帰るゴンちゃんママのご子息ハッシーJr 
と会ってきました。

東京駅で待ち合わせ。
お茶だけ飲んで帰る予定だったのですが
話が尽きず 夕飯も一緒に食べることに・・・・
母の教育の賜物か とても立派な青年になって。。。

娘に『なんだか年齢差感じなくてさぁ』と 帰ってきて
伝えると『それって 下の人が言うセリフだよね』と 冷たい一言。

最後に会ったのは確か小学校低学年
自分の子供は毎日見ているので
気がつかないけど 
早く大きくなぁれ!と願っていた子供たちは
確実に成長しているんだなぁと
ビール一緒に飲んだ夕方でした。

水曜は 娘と同じ日に生まれた女の子の
演奏を聴きに・・・・
すっぽり腕の中に包まれていたのに
小さなベッドでスヤスヤ眠っていたけれど
世界に羽ばたいて。。。。

19年ぶりの再会。
また会う約束をして。

前向きな若い子達を見て オバサンもがんばろ~!と
思った 一週間でした。


<新しい生活で初めて作ったブリオッシュ。
手で捏ねました。砂糖が溶けてないといいんだけど・・・・>


2006_01140002

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

21/01/2006

とびはねて町を行く

子供が幼稚園に通っていた頃
毎月取っていた『母の友』

育児雑誌だけれど それまで読んだことのないような種類の本で
幼稚園から持ち帰ってくるのが楽しみでした。

長新太さんの『なんじゃもんじゃはかせ』
とか山田真さんの『子育て相談室』
魔女の宅急便も これに連載されていた気が・・・・

そんな中で森まゆみさんの
『とびはねて町を行く』
というエッセイ いつも一番最初に読んでいました。

子育てしながら
『谷根千』という雑誌を仲間と作り
仕事にしていく。。そんな日々のエッセイ。
『谷根千』 未だ読んだことはないのだけれど
やりたいことが決まって 作り上げ
子供たちも それぞれに大きくなっていく
(手が掛かる状況はずっと続くのかも・・・・と思っていた)

子育ての先輩の話を聞けるようで
クスッと笑えるときも うなずける時もあり
エッセイ読んでは
早く大きくなれ~と!願っていたような気がします。

この間図書館に行ったら 改題されて『のほほん親本舗』
見つけて もう一度読み直しました。
森さんがエッセイに書いていた子供たちの年を
自分の子供たちも 通過し 
エッセイを書いていた頃の森さんの年齢に近く
(通り越した?)
改めてうなずくこともいっぱい。

来週は子供が小さい頃出会った人と
久しぶりに会える予定。
時間は確実に過ぎているんだなぁ
と思うけれど
(今年は20歳となる娘たちだもの。年取るはずだよねぇ)
楽しみな再会です。


| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

20/01/2006

掘り出し物

暖かだった先週の日曜
『ボロ市に行くから待ち合わせよう』
と母から電話。

初めて 出掛けたボロ市。
とても人が多く 掘り出し物を見つけることはできず
早々に帰ることに。

母たちとは反対方向のバスに乗ろう
と バス停まで歩いたら
目の前にありました。
『Fraoula 』

バスに乗るようになって
実家の近くにあったんだぁと思ったけれど
窓からいつも見ているだけ・・・・だったのですが
通り過ぎることはできず
導かれるようにドアを押していました。

手に取った焼菓子は 
パンドジェーヌ ガレット・ブルトンヌ。
食べるお菓子あるんだっけ・・・
と思いつつ モンブランと チョコレートの生菓子を購入することに。

やはり気になる ガレット・デ・ロワ
に目を奪われていると
店員さんが 一生懸命説明してくれて。。。

洗い物をテキパキとこなしているのは
シェフの桜井さんでした。

当たり前のことを 丁寧にする。
そんな姿を目の前で見られるのは
美味しい!だけじゃないものを教えてもらっているようで
遠くても 寒くても 
お菓子やさんへ足が向くのです。


2006_01100026

2006_01100029


| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

18/01/2006

土曜日の楽しみ方

2000年の1月に初めて伺った先生のお宅も
今年で6年目。(すっかり主?のようです)
毎回 新しい驚きと 楽しさと。


今回のお菓子は フォレ・ノワールと
本当のジェノワーズ

フォレ・ノワールは『黒い森』という意味のお菓子。
ココア生地にさくらんぼ。
ドイツのお菓子なんだと思っていたけれど
アルザスでも作られているのだとか。
『久しぶりに 生クリームでデコレーションしたお菓子を
見た気がした!』
と 発言した生徒でした。。。。
どことなく懐かしくて 伝統的なお菓子。
贅沢な材料で やっぱり美味しい。

ジェノワーズは
イタリアのジェノバのお菓子が語源で 
共立てスポンジ生地の総称?!
と 思っていたのですが
本当は違うものなのだと。
想像もしていない作り方でした。

普段何気なく口にしているお菓子にも
思いもよらない歴史があったり
意外な謂れがあったり
 今年も『甘い生活』は
留まる所を知りません・・・・


2006_010610018
〈フォレ・ノワール〉


2006_010610020

〈本当のジェノワーズ)

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

17/01/2006

ガレット・デ・ロワ

ちゃかさん
  コメントありがとうございます♪

1月はガレット・デ・ロワの月です。

詳しい説明はこちらを見てみてくださいね♪

http://www.galette.info/index2.html


イエス様の生誕に因んだ行事です。
フランス人の1月の生活にはとても根付いているそうで
みんなが集まったパーティーでは
このお菓子を切り分け 中のフェーブが当たった人は
冠をかぶり
一日王様(女の人なら女王様)となれる
という ゲームの楽しみもあるお菓子。

子供だけでなく大人もドキドキします。
大勢で集まって一つのものを食べるというのは
楽しいコトですね。

フェーブは空豆のこと。
元々は空豆が入っていたということですが
今は陶器でできているようです。

今年はたくさんのお菓子屋さんで
ガレット・デ・ロワ見つけました。
みんなが集まる時 
是非このお菓子召し上がってみてくださいね♪
(ガレット・デ・ロワの廻し者??)


2006_010610013

〈 箱に入っている砂糖菓子のようなのは
ストーレーの今年のフェーヴだそう。)

| | Commentaires (4) | TrackBack (0)

15/01/2006

feve~眼福~

昨日はお楽しみの今年最初のお菓子教室。

いつものように一番乗りで到着!
先生は年越しはガレット・デ・ロワのコンテスト表彰式のため
フランスに行っていたと。
たくさんのガレットの写真を解説付きで見せて頂きました。

どの作品も本当にキレイ!
バターの香り漂う会場なんだろうなぁ・・・

先生がブルゴーニュで買ったという
フェーブが飾られて 早速パチリ!

フェーブはその年のためにデザインされ
型は破棄されるのだそう。(初めて知った!)
色鮮やかなフェーブは戦争や災害が多かった去年
平和でありますようにとの願いを込めて
デザイナーが作ったものだとか。
とても洗練されたフェーブでした。

フェーブは陶器屋さんが片手間?に造っているものなのかしら
と思っていたのですが 
フェーブだけを作っているのだとか。

フェーブを探しに行く旅。
なんていうのも 楽しそうです♪

2006_010610010
   

2006_010610011

2006_010610012


| | Commentaires (1) | TrackBack (0)

13/01/2006

Bijou gourmandise~美味なるアクセサリー

予約した先生のガレット・デ・ロワ
会社が終わった後 頂いてきました。

ここ何年か クリスマスケーキ行脚に続き
ガレット・デ・ロワを買いに行くことが年末年始のお楽しみ
なのですが今年は いつにも増してワクワク♪

口に入れるとパイはバターの香り
層が薄くてハラハラ サクサク。
中のクレーム・ダマンドもアーモンドの香りがしっかり。
美味し~い!


以前に書いたように 先生×クリストフルのガレット・デ・ロワ
ペンダントになる 可愛いちょっとポテッとしたハートがフェーブ。

先生のお宅に着いて新年のご挨拶。
『これを食べてよい一年になりますように!』と先生。
こんな言葉を頂いたし
年明け早々 嬉しいこともあったので今年はきっとよい年になるはず。

明日はフェーブのペンダントして今年最初の教室だぁ!
新しいコースは『ストーリーのあるお菓子』
どんなお菓子や人と出会えるのでしょう。


2006_010610004


2006_010610008

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

12/01/2006

年齢相応・・・・

先日買ったスカートに合いそうと思ったセーターが
30パーセントOFF!
なんと甘い誘惑でしょう!

一番欲しかった黒いセーターは
売り切れだったけど、くすんだピンクは
私のために残っていてくれました。

もう無駄遣いはしないと心に誓い手に入れて・・・

娘の前でファッションショー。
友達親子???というには無理があるけど 
自分の親と比べると
(私の年齢の時母はこんなカッコしていなかったよなぁ・・・)
と 私の服を虎視眈々と狙っている娘を見ると微妙な気分。

会社で一緒に仕事をしている子達は
娘とたいして変わらない子も何人か。。。。


私よりずっと若いけど先輩の子達が
『花より男子』が
『NANA』が なんて言っている時
『TVと違って最後はこうなるのよぉ』
とか『最新刊では・・・・』なんて・・・・
どーにも威厳がありません。


一貫という言葉の『貫』は
何の『貫』なんでしょう?と電話で聞かれ
『貫徹の貫です。』と伝えたものの分かりません・・・
と言われ『寺内貫太郎の貫なんですけど・・・』と
考えた挙句 そう言うと・・・・
受話器の向こうから申し訳なさそうに
『ごめんなさい。。。わかりません・・・』


自分ではいつまでも初々しい新人???
のようなつもりでいるのだけれど
こうやって 年齢を再認識する日々です。。。。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

09/01/2006

ただ今 修行中

お正月早々作ったクロワッサン。

失敗作ではないと思うけれど
メゾンカイザーには 遠い・・・
(って同じラインに立とうと思っているのか・・・??!!)
と ガレット・デ・ロワと並行して
今日も挑戦!しました。


2次発酵がもう少し足りなかったのか
焼きがあまかったのかちょっと膨らみきらなかった所も。。。

こっちはどうかな。
この焼き色だと中はどうかな。。
なんて すべてが気になり
みんなかじりたくなるけど おあとが怖い・・・・

誰か食べてみたい人いませんか?

2006_01010007


2006_01010008


中までキレイに層になりました。ちょっと嬉しい♪

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

王様のお菓子

1月6日に食べる習慣があるというガレット・デ・ロワ。
召し上がりましたか?

2年前に教わった先生のレシピと
去年ガレット・デ・ロワ講習会で
目の前で見た島田シェフのやり方を思い出しながら・・・
と先月思っていたんだけど
自分の書き込みは何が書いてあるのか分からなくて
本屋さんへGO!

そんな私のためにありました。
『料理王国』1月号
島田シェフと 先生も解説されて
細かくポイントが説明された『ガレット・デ・ロワ』

今まで使えていたガスオーブンがないので
ついつい 道具のせいにしたくなるけど
前回より 上手くいったかな・・・・

暮れに会ったチーズ屋さんの友達に送ると電話。
『フェーブ 楽しみです♪』
『ごめん。。。。』
入れ忘れてしまいました。。。

2006_01010013

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

08/01/2006

カレンダー

暮れに今年のカレンダーに取り替えた時
パラパラとめくってみたら
(小さい頃からやっていることって変わらない・・・)

2月11日(土) 建国記念日

4月29日(土) みどりの日

9月23日(土) 秋分の日

12月23日(土)天皇誕生日

。。。。。日曜じゃないってことは
振り替え休日にならないんだぁ・・・・・


今は携帯の機能で数年先まで
調べられるので娘と二人2007年は?
その先は?なんてやっていたけど
なんだか建設的じゃない気がして途中でやめに。

私たちが子供の頃には振り替え休日なんてなかったから
当たり前といえば 当たり前なんだけど・・・・
なんとなく 損したような気分だなぁ・・・


| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

06/01/2006

連休のお楽しみ

手違いで年末届かなかったお菓子の材料
今日届けて頂きました。

バターが3キロ。
チョコレートが5キロ。
アーモンドプードルが2キロ。
バニラビーンズ20本 etc etc

スカスカだった冷蔵庫はあっという間にパンパンに。
ブリオッシュ作れるぞ
フォンダンショコラもつくるぞぉ
ガレット・デ・ロワも!
と 意気込みは充分!

嬉しい!楽しい!

パティシェは土方の体力。
詩人の繊細さ。
とはア・ポワンの岡田さんが雑誌で答えていた言葉。
繊細さはため息。。。ですが
ガチンコなら問題なし。。。。かな

今日は仕事で たぁらぁ~っと
汗が出ましたが
月曜日には持っていくから
許してね(ってワイロ??じゃないんだから・・・・)

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

03/01/2006

バーゲン一直線!

お年玉を思いのほか頂いて
ホクホク顔の娘。

という訳で 今日は娘の買い物にお付き合い。

ブーツとセーターが欲しい。
と、ずっと呟いていた娘に付き合って
お店のハシゴ。

見るもの見るもの心奪われるようですが
踵の高さが。。。。とか デザインが。。。。とかサイズが。。。と
あーでもない こーでもないと歩き回って
ようやく納得できるものに出会った娘はニンマリ。
自分じゃ行かないお店の色彩と音楽にお疲れの母。

娘の用事がようやく終わって、母も目の保養に。
。。。。お目当てのお店は まだバーゲンじゃないんだぁ・・
と違うお店を覗くと 可愛いスカートがバーゲン。
ワンサイズしかない細身で大丈夫・・・?と不安だったけど
試着をしたらなんとかOK!

お財布を見たらどうにか大丈夫そう。。。。
で GET!
してきたけれど。。。。毎日のんべんだら~りと
過ごしてきたツケって数日経って出てくるような・・・・

明日から心入れ替えて シェープ・ア~ップ!


| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

01/01/2006

年の初めの。。。

お菓子屋さん パン屋さんに行くと
決まって買ってくるものがあります。


お菓子屋さんならフィナンシェやマドレーヌなんて焼き菓子。
パン屋さんなら クロワッサン ブリオッシュ。
お店によって特色があって食べ比べも楽しい。

年の瀬 新宿で買ってきたものは
メゾンカイザーのクロワッサンと ブリオッシュ。
フランス一番のクロワッサン。
あ~!やっぱり美味しい♪♪

オーブントースター弱にして焦げないように気をつけると
焼きたての味が再現。
パリパり ハラハラ
そこらじゅうに パン屑をこぼしながらも幸せ!

ブリオッシュもきめが細かくて バターと卵がたっぷり!

となると。。。。やっぱり作りたくなって
このお休みは俄かブーランジェリーに。。
大晦日に仕込みをし ただ今2次発酵中。

新年早々 粉だらけになって 
麺棒持って生地を伸ばしているのでした。
クロワッサン焼けたら
お年始のフィナンシェ。
リクエストのロールケーキも焼く予定。
数字を見ること意外にも嫌いじゃなかったけど
やっぱり粉と卵とバターとお砂糖に囲まれて
焼きあがる香りのある生活は幸せ!幸せ!

新しい年が よい一年でありますように♪

2005_01280018


2005_01280019

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

« décembre 2005 | Accueil | février 2006 »