« mars 2006 | Accueil | juin 2006 »

avril 2006

30/04/2006

一喜一憂

長引いた風邪が少し治まり
先週作れなかったガレット・デ・ロワ
今週はチャレンジ♪♪と意気揚々で仕込みを。

少しコツが見えてきたぁと 
前回嬉しくなったのは 糠よろこび・・・・
模様はぼやけるし空洞はクッキリ。

・・・・・オーブン開けて ガックリしていたら
ラジオの声は山下達郎さん。
『仕事で辞めようかな。なんて悩んだ時は
他に逃げたりしないで その仕事で
解決していく事が大切』
と 来ていた便りに返事をされていました。

そうだなぁ。。。。と納得。
何が原因か考えて
連休初日に会える友達に持っていけるよう
新たに仕込みしようっと。


| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

29/04/2006

1250年昔

図書館でリクエストした本は
ナカナカ順番がこなそうで書架をじっくり。

久しぶりに帚木蓬生さんの本を借りてきました。
『国銅』
最初は大仏を巡るミステリーなのか?
と思いましたが どうも違うみたい。

東大寺大仏の建立に携わった
人足たちの物語。
まだ上巻(読めなかったら重いし・・・と一冊だけ借りてきました)
を読んだだけなのだけれど

学校もない 生まれてから死ぬまで
働くという生活の中で 
人足の中の一人の若者が文字を覚え
生きていく哲学を考え 周囲の人々を思い遣る
という姿が 浮かんできます。

自分で選んだ道じゃなくても
その中で 学んでいくこともいっぱいあるはず。
賢さというのは 学歴なんてモノだけじゃ計れない
なんてコトも 読みながら改めて。

下巻は大仏建立に向け 
都での生活が始まる様子。
本をめくるうちに 天平時代にワープ!
明日は下巻借りてこようっと。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

Le Pommier

お菓子好きの友人と話して行ってみたいなぁ
と心動かされた Le Pommier

東北沢から 5分くらいというので
仕事の帰り途中下車して買ってきました。

夕方は品揃えも少なくなっていたけれど
モンブランとキャラメル・サレ。
ショウケースの上には アーモンド・パイ
(あー!探していたガレット♪)
とクロワッサン 
焼き菓子のフィナンシェも。
(お財布に余裕があったらもっと買ってたのに・・・)

キャラメル・サレ名前の通り塩が効いて
キャラメル味には塩が合うんだなぁ・・・・
フィナンシェは焦がしバターがいい香り。

翌朝はクロワッサンと 
アーモンド・パイ軽く暖めて食べる
と 前の晩から予定していたのに
ブラウスにアイロン!なんてバタバタしてたら
・・・・・会社に着いてしばらくしてから
オーブントースターに入れたまま
食べ忘れたガレット思い出しました。


| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

23/04/2006

『ら』行の女

返却が遅れた本を返しに図書館へ。

風邪がナカナカ 抜けなくて
のんびりしたいと 面白そうな本を。

甘糟りり子さんの『わがまま始末書』を
電車のお供に。
『ら』行で始まる名前の女は 
何かすいすい いかない空気があるよね。

と女友達に言われて。。。
不幸を背負っている訳じゃなく・・・
気になる男の人にファーストネームで呼ばれた事がない
なんて 書いてありました。


。。。。。。やっぱり私も『ら』行の女。
なんとなく 思い当たるフシがあるような。
わかるなぁ。

同じような年代の甘糟さん。
所々懐かしい 場所やフレーズがあって
笑いをこらえていたら
乗るはずの各停は目の前で行ってしまい
ようやく乗れたら一駅乗り過ごすわ 

そんな自分のドンくささも『ら』行のせいか・・・(ってちがうよね)
と 駅すぱーとの倍の時間かかって
文学館に着いたのでした。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

22/04/2006

文学館 散歩

出勤途中気になってたポスター。

世田谷文学館でのヘルマン・ヘッセ展。
今年はW杯もありドイツ年でのイベントみたい。

本の内容も忘れてしまったけれど
中学の時初めて読んで
どこまで理解できたのか
疑問もあるけれど その頃なりに感動したのだと・・・・

中3になって 初めて同じクラスになった子も
お姉さんに薦められて ヘッセが好き!と
話が合い ズイブンいろんな話をしたような。。。。

ちょっと目立っていた彼女は
男子からも人気があり
近寄りがたい気がしていたのだけれど
話してみると 気さくで話題も豊富でした。

高校受験が終わった後だったか
受験前だったのか 池袋の東武でやはり『ヘッセ展』

家と学校の往復ぐらいしか知らなかったその頃の私達には
渋谷から池袋まででも旅に感じる距離だったかなぁ。

その時にはヘッセ愛用の大きな木の仕事机も展示され
二人の憧れていた人の残したものを
『見られて 良かったねぇ』と帰ってきました。

あれから もう30年。
卒業以来 会っていないけれど
元気にしてるといいな。
大好きだった ストーンズ見に行ったのかな。なんて

あの時 存在感 感じた机はなかったけれど
ヘッセの描いた美しい水彩画と
インクでサラサラと書かれた手紙を見てきて思い出しました。


| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

16/04/2006

♪それが答えだ~!

昨日も焼いたガレット・デ・ロワ

初めて空洞がなくなりました♪♪
秘策は・・・・企業秘密???

初めて習った時から
年に数回は焼いていたお菓子だけれど
思ったように焼けなくて ま、いっかなんて
納得していたけれど

暮れから 2006年は ガレット・デ・ロワ年?
なんて決めて 焼いています。

まだまだ 研究箇所はいくつもあるけれど
同じものを作り続け 
自分なりに 『なぁるほどぉ!』と
納得できた時は 新米パティシェ?の嬉しい瞬間。

♪ガッツだぜ!なんて口ずさみながら写真撮りました。

食べたい方がいたら連絡くださいね。

2006_04150009

2006_04150007


| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

15/04/2006

新入社員

金曜日は新規採用の子達が
初めて職場に配属。
1列に立って緊張しながら挨拶を。

入社2年目 3年目の社員の女の子達が
テキパキと仕事しながらも可愛くて
『二人を見るのが会社に来る楽しみ!』
と オジサンの様なセリフを口にして・・・・
『嬉しい!』と言ってくれたけれど
娘には『セクハラオヤジ!』と注意を受けました。


ついこの間 
自分がそんな所に立っていたような気もするのだけれど
確実に時は過ぎて
同期の女の子も管理職だったり責任ある仕事を任されていたり
厳しい毎日だろうなぁと 思うのに穏やかで聞き上手。
若い子にも 同年代の友人達にも
お手本が身近にいて。。。。
一歩でも近づけるといいな 
なんて思う若葉の頃です。


| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

10/04/2006

偶然なこと

実家へ行って母と話をしていたら
20年来掛かりつけのお医者さんの息子さん
(父が入院の時も大学病院で担当してくれ
告知も臨終の場にも立ち会ってくれたのですが)
の奥様が私と同じ高校で年も近いそう。。。

で 家に帰って名簿を探したら
一級上の方でした。


人生の中でホンの少しの間 
一緒の時間を共有?した人と 
こんな形で再会するのは不思議。


バッタリ誰かと出くわすなんてことは
私の場合滅多にないのだけれど
こんな風に 何処かで 一瞬のつながりがあった人と
時を経て出会うことが 
他の人に比べて多いような気がします。

きっと それは 幸せなこと。
初めて会った頃よりも成長が見られればいいのだけれど
(シワや白髪が 増えただけ!なんて思われたくないよねぇ)

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

一歩前進・・・・

何回焼いても 厚ぼったくなるパイ生地。

模様入れるのが不安!とビクビクしながら
薄く延ばしてみることに・・・・
オーブンから出すのがドキドキだけれど
前回よりはいい感じに仕上がったかな。。。
もうちょっと 空洞がなければいいんだけれど・・・・


ガレット・デ・ロワやパイの本を見つけると
読まずにはいられない。
焼いたら食べてみずにはいられない。
売っていたら買って食べずにはいられない。

今のところ新しい生活に緊張して
体重は増えていないけれど
油断するのも そろそろ いい加減にしないと・・・・

2006_04070006_1


| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

09/04/2006

此処彼処

借りてきました。
川上弘美さんのエッセイ。

私にも馴染みのある場所が所々。
同じところを通っていても
想うことは人それぞれ。
同じように感じるコトがあったり
思いもよらない思い出をその場所に持っていたり。

何処かで すれ違っているのかも
なんて読みながら思ったエッセイでした。

美味しそうな写真の映っている料理の本も飽きないけれど
川上さんのお話の中の料理も美味しそう。
私の中では 田辺聖子さん 向田邦子さんと並んで。。。

グリンピース買ってきて
久しぶりに
豆ご飯作ろうかな・・・・


| | Commentaires (0) | TrackBack (1)

02/04/2006

お花見~飛び入り参加

夕暮れ時の市谷~飯田橋
ライトアップされた千鳥ヶ淵
桜を続けて見たのですが
日曜は花散らしの雨の予報。

ガレット・デ・ロワの仕込みをして
図書館に予約の本を取りに行った昨日
娘お奨めの成城の桜並木を見てこよう!と外出。
思い立って友達に
『時間があったら一緒にお茶でも!』
とメールをしたら
『これから お花見にみんな来るからおいで!』
と返事。
思いがけず ちゃっかり参加!

初めてお会いする人
会社に勤めていた時の懐かしい人。
同期の子 同じ課だった先輩。
なんて すっかり寛いで おいとましたのは一番最後。
仕事もしながら みんな料理も上手!
美味しい。楽しい。嬉しい!
窓の外は美しい桜。

誘ってくれて ありがとう♪

2006_04010029

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

お花見 1

通勤の電車の中から眺める外堀の景色。
ついこの間まで丸坊主だったのに
花咲か爺さんが灰を撒いたように薄ピンク。

小さい頃から電車に乗ると心惹かれる景色だったけれど
一度も歩いた記憶がなく
思い立った先週 水曜日
御茶ノ水から各駅の総武線に乗り換え
歩いてみました。

電車だとあっという間に通り過ぎてしまうけれど
水際まで咲いた花がきれい。
もう ちょっと暖かかったら
缶ビールでも開けて歩くんだけどな。。。。


| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« mars 2006 | Accueil | juin 2006 »