« avril 2006 | Accueil | juillet 2006 »

juin 2006

24/06/2006

劇団ひとり

予約した本が思ったより早く廻ってきました。
『陰日向に咲く』

連作短編。 意表をついた最初の話から
次々話が繋がって、最後まで一気に読みたくなる展開でした。


芸風は違うと思うけれど
イッセイ尾形さんを彷彿させるような
人なのかな。

いつかラジオで喋っているのを聴いたとき
何とも言えない間があって
クスリと笑ってしまったけれど

今度はどんな本を書くのでしょう・・・
次回の作品も楽しみ。楽しみ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

ワールドカップ

金曜は普段より1時間早く出かける用事があり

どうせなら・・・・と 4時に目覚ましを掛け
起きて見ました。ブラジル戦。

玉田選手のシュートが早々に入って
『やっぱりFW!』
なんて寝入ってた娘を起こして・・・・

その後は 王者の風格を見せるブラジルに
しっかり力の差を見せつけられましたが・・・・

32年前に 運よく見ることができた(勿論TVの録画)
W杯西ドイツ大会。
遠い世界の出来事と思っていたけど
日本も3度目の出場だもの。
 
強豪揃いの世界の中では
万年最下位のチームを応援し続ける
阪神ファン?? (私はベイスターズ)
のような気持ちもないと。


決勝リーグは・・・・
前回出場できなかった中学生の時見て憧れた
オランダ応援しよう!

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

18/06/2006

のだめ 

仕事が終わった金曜日
本屋さんに向かって・・・・

そろそろ のだめ最新刊が出るんだっけ・・・・
とコミック売り場へ。
迷わず手にとってカウンターへ。
カバーを着けてもらって電車の中で読み始めました。

時折 噴き出しそうになりながら
のだめは ブルターニュのお城でリサイタル!
今年はモーツアルト生誕250年だものね。

ご縁のあったフランス在住の子が
生誕250年の記念でモーツアルトの演奏を日本で。
というので 守備範囲外の私も2回 聴いて来ました。
素養の無い私でも 弦の調べは美しくうっとり。
生の演奏はやっぱり素敵。

250年前に生まれたモーツアルトのおかげで
再会することもできました。
続きを楽しみにしていた彼女にも来週送りましょう。

のだめが食べてたブルターニュのクイニー・アマン
美味しそうだったなぁ・・・・

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

17/06/2006

先日 寝る時になって娘が『タオルケット!』
というので『kittyちゃんのがあるから出せば・・・?』

押入れから引っ張り出してきた娘。
昔愛用の ジュニア用。
ぼそっと『これってさぁ 尺が短いんだよねぇ。』
寝ぼけていた頭でしたが
『尺???』と私。

19年間同じ屋根の下にいながら
そんな言葉を我が子が発するのを初めて聞きました。
着物だって浴衣しか着たことないし
・・・もしかすると女子大生特有の流行り言葉だったのか・・・・

『普通に言わない?このスカート尺が短いとかさぁ・・・』
と娘。。。。。
『みんな ヘン!って言わないの?』と聞いたら
娘の言いまわしは時折オカシイので
誰も何も言わなくなったと・・・・・

レトロな現役女子大生です・・・・


| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

16/06/2006

手入れ

図書館で借りてきた甘糟リり子さんのエッセイ。

手や爪 踵やひじなんて所に
手を抜くと年令が出る。。。
なんて書いてあってそうだよなぁ・・・・
と じっと見つめる わが手のひら。

爪なんかはイチイチ手入れしないで
ハンドクリームを塗ったついでに爪までも。。。
と、そうしているつもりなのだけれど
たて皺のようなものがあり、
これは。。。。加齢によるもの???と
気づいた時には消えなくなっていたスジ。。。

朝、吊り革につかまったたくさんの手を
意地悪な目で眺める満員電車。
日々怠らないで 老化を少しでも遅らせたい
なんて思っているけど・・・
朝 糠床かき混ぜて 胡瓜と蕪を漬けてく私の手は
洗っても残る糠床の匂いがしっかり付いているのでした。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

03/06/2006

ポロネーズ

5月の教室のお菓子もアップするのを忘れたけれど
今日は6月の教室。
(時間は早い・・・・!)

すっかりカメラを忘れ・・・・
本日のお菓子はポロネーズ
ブリオッシュにカスタードとフルーツを詰め
メレンゲで覆い サッと焼いたお菓子。

ブリオッシュから焼いたお菓子は
とても手間が掛かるけれど
パン屋さんが残ったパンを
変身させたのが はじまりとか。。。。

こんな美味しいモノに変わっていくなんて
作る人もやっぱり食いしん坊じゃなきゃ
できないな。。。。

先生に教わったブリオッシュは
バターの香り高くて美味しい。
ポロネーズに変身する前に売り切れてしまいそう。

ポロネーズ。。。
ポーランドの。という意味だそう。
食いしん坊の王様がいた国なのだそう。
一昔前は共産国なんてイメージだけど
もっと昔はどんな国だったのでしょう。


もう一つのパレ・ダムは一口サイズのクッキー。
アシスタントのmariさんが粉を間違えたぁ!
と強力粉。。。。
噛み応えがあって 美味しい焼き上がりでした。
次回は薄力粉で焼いたものを作ってきます・・・と。
食感違うかな・・・・
ちょっと楽しみ。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

サウス・バウンド~パイパティーローマ

図書館で予約した本が廻ってきました。

奥田英朗さんの『サウス・バウンド』
破れかぶれで 南の風が吹くような。

元過激派?の伝説の闘士 父一郎と
息子二郎の話。。。
のようなあらすじ紹介だった気がするけれど
想像していたモノとは違う展開でした。

ページを閉じても満員電車の中で
南の島の風景。
パイパティーローマ どこかで聞いた言葉だったけれど
伝説の島 のことだったんだぁ。と

『邪魔』を読んで以来ファンだけれど
いろんな話が 描けて
所々 ハッとする言葉があって。。。
本はやっぱり心が豊かになる・・・・かな。


.*・。☆・:゜★。・.゜☆*:。★゜・。☆*゜:★.゜

5月はサボったブログだけれど
また ボチボチできるといいな。

 

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« avril 2006 | Accueil | juillet 2006 »