« 勤労少女・・・ | Accueil | 蚊の鳴く声 »

11/02/2007

馬賊 

前作から数年経て出た「蒼穹の昴」の続編「中原の虹」

読んだら一気にラストまで。。。
清朝末期のこのお話。
蒼穹の昴を薦められて読んだ時には
歴史モノなんてなぁ・・・しかも二段組だし。。。
と躊躇ったのだけれど

貧しかったり 心が弱くなった時に人はどう生きたらいいか・・・
そんな人の在りように惹きつけられて
小説が終わってしまうのが惜しいと思いながら
ページをめくっていました。

清朝末期はラストエンペラーや歴史の教科書で
ちょっと知っているだけ。。。
といった感じだったけれど
日本も絡んでくるし 
悪役!と思われる西太后が違う観点から描かれていたり。。。

「中原の虹」1巻は何となく悪いイメージを抱いていた
張作霖が 男気溢れる馬賊の頭目。

歴史の見方は
一つだけじゃなくいろいろな見方ができるものなんだなぁと
このシリーズを読んでて思いました。

国語も世界史も浅田次郎さんと同じ先生に習ったはずですが・・・
「読め」と薦めてくれた先生にも
偉大な先輩にも感謝!!

|

« 勤労少女・・・ | Accueil | 蚊の鳴く声 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82710/13851652

Voici les sites qui parlent de 馬賊 :

« 勤労少女・・・ | Accueil | 蚊の鳴く声 »