« レモンの皮のおどり | Accueil | 秋の新作 »

07/09/2007

サムライソウル

高校の先生に薦められた『壬生義士伝』

慣れない漢字と
南部訛りの会話に脱落しそう・・・と思ったけれど
読み進めるほどにグイグイ引き込まれて・・・・

新撰組で守銭奴と周りから見下された
吉村貫一郎の生涯・・・と
あらすじを聞いていたような気がするけれど
家族を愛し 友を大事にする自分の義を通し抜いた
侍のお話。

人間の尊さはどれだけ稼ぐかじゃなく
自分の分を全うすること
自分が今やらねばならぬこと
自分がやらなければ誰もやらない
自分にしかできないことをやり遂げる
そんな所に生きていく価値がある・・・と。。

足軽から脱藩した貫一郎と 南部藩の重鎮となった大野次郎右衛門
幼馴染二人の 最期の時まで互いを思うさまも やはり武士。

台風が近づいていた昨夜
早めに読書タイム!と決めて
まぶたの下にしわを取るパック??!!を貼って読み始めたけど
涙がボロボロ。。。塩気があって逆効果・・かも。。。


本を閉じると頭の中にリフレインするのは
ウルフルズの「サムライソウル」
トータスが「サムライになろうと思って!」
って言うのを聞いたとき
ど・・・どうしちゃったの??と思ったけど
これ以上ピッタリする歌はない!
なんてMDを掛けては一緒に歌うここ数日。

大きくなったら私も
本に出てきた女の人たちのように
凛々しく可愛くなりたい!!
(って登場人物は皆 ず~っと若い年齢なのにねぇ)


|

« レモンの皮のおどり | Accueil | 秋の新作 »

Commentaires

私も読んでぼろぼろ泣きました〜
映画まで観ちゃいましたw
映画は中井貴一のへっぽこ侍っぷりがなかなかでした

目尻のシワには「ハリウッド化粧品」のまつげが生えるクリームがいいらしいですよ!!私も近日中購入予定☆

Rédigé par: さとみ | le 09/09/2007 à 00:10

さとみさま

映画見ればよかった~
涙はタオルでゴシゴシ拭いて・・・
次の日の朝すごい顔でした。

化粧品売り場を歩くと
『目の下のしわ』『シミ美白』『たるみ』
どれにも該当してどれが一番の基準なのか
分からない年齢になってしまいました。。。

Rédigé par: agneau | le 11/09/2007 à 21:39

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82710/16353929

Voici les sites qui parlent de サムライソウル:

« レモンの皮のおどり | Accueil | 秋の新作 »