書籍・雑誌

22/11/2007

無銭優雅~オトコイ~

ガレット強化月間が終わった私に
予約した本が入ったと図書館から電話が度々。
(とてもいいタイミング!)

娘が読んでみたいと言っていた無銭優雅。

45歳の栄と慈雨の
何てことない3年が淡々と語られて・・・・
取り立てて事件が起こるわけではないけれど


『オトコイ(大人の恋)って感じじゃないねぇ!』
なんて姪っ子に突っ込み入れられながらも
世の中で一番大切なことは何か分かっているよ
って二人が愛しい!
と ふんわり温かい気持ちになった小説でした。


『僕は勉強ができない』
『放課後の音符』『風味絶佳』
こんな辺りしか読んだことないのだけれど・・・・
私より山田詠美ファンの娘は
『大人の恋!』に憧れた様子。

そんなコト言ってもねぇ。。。。。
いろんな経験を踏んで
年を重ねなきゃ この領域には進めないのよ。。。
(って本質は十代の頃と何一つ変わらない気もするけれど)

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

07/09/2007

サムライソウル

高校の先生に薦められた『壬生義士伝』

慣れない漢字と
南部訛りの会話に脱落しそう・・・と思ったけれど
読み進めるほどにグイグイ引き込まれて・・・・

新撰組で守銭奴と周りから見下された
吉村貫一郎の生涯・・・と
あらすじを聞いていたような気がするけれど
家族を愛し 友を大事にする自分の義を通し抜いた
侍のお話。

人間の尊さはどれだけ稼ぐかじゃなく
自分の分を全うすること
自分が今やらねばならぬこと
自分がやらなければ誰もやらない
自分にしかできないことをやり遂げる
そんな所に生きていく価値がある・・・と。。

足軽から脱藩した貫一郎と 南部藩の重鎮となった大野次郎右衛門
幼馴染二人の 最期の時まで互いを思うさまも やはり武士。

台風が近づいていた昨夜
早めに読書タイム!と決めて
まぶたの下にしわを取るパック??!!を貼って読み始めたけど
涙がボロボロ。。。塩気があって逆効果・・かも。。。


本を閉じると頭の中にリフレインするのは
ウルフルズの「サムライソウル」
トータスが「サムライになろうと思って!」
って言うのを聞いたとき
ど・・・どうしちゃったの??と思ったけど
これ以上ピッタリする歌はない!
なんてMDを掛けては一緒に歌うここ数日。

大きくなったら私も
本に出てきた女の人たちのように
凛々しく可愛くなりたい!!
(って登場人物は皆 ず~っと若い年齢なのにねぇ)


| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

28/07/2007

備忘録☆*:。★゜・。☆*゜西野くんのこと

試験が終わって読書三昧の日々。

以前に読んだ本から リクエストした本から
片っ端!って感じで。。。。
もう一度読み返した「ニシノユキヒコの恋と冒険」

生まれながらに女の子(いくつであっても!)に
モテるニシノくん。
中学生の頃から 50歳過ぎまでに彼に恋した
女の子達が語るニシノくんとの恋。

せつないセリフが折々に。
前に読んだ時には思わなかったけれど
丁度 こんな季節に読むのがピッタリ。かも・・・

帰りのバスの中で読み始めて・・・・
昨日は一番前の席に座って
二つ目のお話まで読んで前を向いたら
バス通りは いちょうの並木が
たそがれ時に遠近法で絵はがきみたい・・・
毎日通っている道なんだけど
西に向かう道をこんな時間眺めるのは
初めてだったかな。。。。

西野くんとのせつない恋と
この景色が妙にマッチして
ちょっと涙がホロリしていた帰り道でした。


| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

23/06/2007

赤いキッス♪

先生が新しく出した保存食の本。

どれも美味しそうだけれど
イチオシは『トマトケチャップ!』と先生。

コレなら早速作れそうかな・・・
と足りないスパイスを買ってグツグツ。

イタリアン風なトマトソースは時折作るけれど
トマトケチャップが自分で作れるなんて
思ってもいなくて。。。。
煮込んで出来上がったのは
紛れもなくケチャップ!


娘はたいそう気に入って保存食というより
オムレツに掛けたり パスタに絡めたり
2日でなくなるお惣菜!
小学生の頃『赤いキッスは~♪』なんて流れたCMソングを
突如歌いだしたら 娘は???でしたが


尻尾をきゅるるんと巻いて
しゅるしゅると穴の中に隠れてしまいたい
なんてコトがあって・・・・
でも そんな事も言ってられなくて・・・
赤い色はきっと元気が出てくる!かな・・・


今朝も作ったケチャップだけどPCが不調で
今やってみたら
写真は撮りこめなくなって・・・近いうちに載せられますように!

| | Commentaires (3) | TrackBack (0)

07/05/2007

芦花公園へ

去年のこの時期 
友達と銀座を歩いていて見つけた向田邦子展。
お茶を飲むお店がどこもいっぱいで
二人で展示を選んだんだっけ。。

通勤途中 世田谷文学館で開催のポスターを見つけ
メールをし一緒に行くことに。

原稿や収集していたもの。
大切に身につけていたもの。手紙。
去年も見たけれど
どれも 気に入って 慈しんで使われたモノばかり。

今回のテーマ?は
『美しくなくてもいい、最後まであきらめず、勇猛果敢に生きてやろう』
本を読んでいて、そんな思いを感じたことはなかったけれど
・・・どうにもならないことを 受け容れながらも
生きている姿が、優しく描かれて好きだったのかな。。。

お給料貰って初めて買った単行本は『思い出トランプ』
(学生の頃は文庫しか買えなかったなぁ)
なんて友達に話して。。。

娘がセンター試験の頃、過去問読んで泣いた
野呂邦暢さんからの手紙も展示されていて
初めて読んだ野呂さんに『あっ!向田邦子』と
思った私は なんだか嬉しい。。。

いつまでも私達の心を捉えて離さない向田邦子展を後にして
今回は二人で夜の新宿。。。
底なし!!になってビールで乾杯♪
ワインフルボトルを一本。。。
(まだまだ 飲めそう??)

一年は同じような 違うような。。
いっぱい笑って ちょっぴり泣いて。。。
こんな二人を向田さんは笑って見ているでしょうか・・・?


| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

11/02/2007

馬賊 

前作から数年経て出た「蒼穹の昴」の続編「中原の虹」

読んだら一気にラストまで。。。
清朝末期のこのお話。
蒼穹の昴を薦められて読んだ時には
歴史モノなんてなぁ・・・しかも二段組だし。。。
と躊躇ったのだけれど

貧しかったり 心が弱くなった時に人はどう生きたらいいか・・・
そんな人の在りように惹きつけられて
小説が終わってしまうのが惜しいと思いながら
ページをめくっていました。

清朝末期はラストエンペラーや歴史の教科書で
ちょっと知っているだけ。。。
といった感じだったけれど
日本も絡んでくるし 
悪役!と思われる西太后が違う観点から描かれていたり。。。

「中原の虹」1巻は何となく悪いイメージを抱いていた
張作霖が 男気溢れる馬賊の頭目。

歴史の見方は
一つだけじゃなくいろいろな見方ができるものなんだなぁと
このシリーズを読んでて思いました。

国語も世界史も浅田次郎さんと同じ先生に習ったはずですが・・・
「読め」と薦めてくれた先生にも
偉大な先輩にも感謝!!

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

01/12/2006

本が私を呼んでいる!

リクエストした本を取りに図書館まで。

会社帰りの図書館は1度に20冊
閉館時間は夜9時半まで。
何とも有難いシステム。

この間も借りたばかりだったけれど
余裕はまだまだあるのでちょっと物色。

そうだ すっかりお馴染みメニューとなったキッシュ。
バリエーション増やす参考になるような本がないかしら・・・?
と ふと書棚を見ると
飛び込んできたのは その名も「キッシュ」
コルドンブルーの本でした。

「シェフの技」が光る??
(なんと言っても材料は発酵バターやらカルピスバターやら)
生地が冷凍庫いっぱいだものね。

今日はリッツ帰りの友人に教わった
サーモンとバジルとトマトのキッシュ。
熱々を娘と頬張って・・・・

一日おきのように食べてたら・・・・
「体重が増えたぁ~」と娘。
バターの入った生地
卵に生クリームにチーズが基本。。。。

体重増加も当たり前かぁ・・・と思いながらもページをめくって
今度は三色ピーマンのキッシュなら
ちょっとは違うかな・・・・なんて


誰か食べたい人はいませんかぁ~?

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

14/10/2006

読書の秋

通勤の電車で見知らぬおじさんが広げていた新聞。

私の目に飛び込んできたのは帚木蓬生さんの「受命」
新刊の広告。 会社帰りに図書館に寄って予約をし
先週連絡をもらい 読み始めました。

「北」の話は 
ニュースの映像や新聞で少しは知っているつもりだったけれど
あまりにタイムリーで 
荒唐無稽?なんて思ったかもしれない小説の中の話も
・・・・ありえなくないかも・・・・

広い意味での「愛」
私には、想像がつかない「志」
なんて言葉が浮かんだ読後でした。

今年読んだ「国銅」も 出会えてよかった。
と思った1冊。


秋の夜長は お菓子作りと眠くなるまで本を読む。
幸せ♪ 幸せ♪

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

03/09/2006

夜の公園

『センセイの鞄』
読んでから 気になる川上弘美さん。

モヤがかかったような
現実とは遠いところの話なのに

所々ハッとする言葉が目に飛び込んできて
自分の気持ちに近いコトが書いてあると
うるっ。。。

リリはこれから どうやって暮らしていくんだろう・・・・
なんて 読み終わった後も空想する不思議な本でした。

恋愛モノ のように紹介されていたけれど
女同士の友情?!かな・・・・

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

01/07/2006

象の背中

3日に1冊。ハイペースの読書です。

秋元康さんの『象の背中』 

女の人から見たら勝手と思う部分もある
けれど、きっとこれは理想の幕引き。

私が思わず泣いたのは 
高校以来口をきかなくなった友人との再会。

近視のレーザー治療のチラシを見つけ
余命半年で『今更』と笑われるか・・・と思ったところで
『今更』の意味が分かった。。。と
人生は 『今更』の繰り返しで諦めるための言い訳に過ぎない。
やらないよりはやった方がいい。
と喧嘩別れした友に会いに行くことを決めた場面。

『もう年だし』なんてつい言ってしまうけれど
今日が残りの人生の最初の日。
やってみて後悔するほうが 
何もしないで後悔するよりずっといい。
『やってみなはれ!』
だね。いくつになっても。

さて 雨も降ってきたけれどバーゲン初日。
後悔しない買い物行ってきましょう!

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)